株式会社四国ボーリング工業 本文へジャンプ
施工

弊社では地すべり対策工をはじめ、一般土工まで多岐に渡る工事を行っております。

井戸掘削
井戸掘削
従来のロータリー式ボーリングマシンに加え、ダウンザホールハンマー搭載の最新式ボーリングマシンによる井戸掘削も行っています。
これにより従来困難だった硬質岩盤・転石等を難なく掘削することが可能となりました。

応急工事
応急工事
台風等異常気象のために生じた交通障害等に早期に対応するため、香川県境から10kmにおける国道193号線等の落石の除去、樹木の伐採、冬季の凍結防止剤散布、及び除雪作業等の維持管理業務を行っています。

地すべり対策工

アンカー工
弊社は地すべり対策工の抑止工として、永久アンカー、仮設アンカーともに多種多様なアンカー工法を採用、施工しております。
永久アンカー SEEE工法
スーパーフロテック工法
KTB工法
SSL工法
仮設アンカー KTB Uターン除去工法
SEEE工法
KTB工法


集水井工
地すべり対策工の抑制工として、深層地下水を排除する目的で施工します。

弊社では、集水井の掘削をはじめ、集排水ボーリングの施工も行っております。

排水ボーリング工
横ボーリング工は、地下水を排除し、すべり面に働く間隙水圧の低減や地すべり土塊の含水比を低下させることを目的とする抑制工です。

集水井工、排水トンネル工に比較し、施工が容易な工法です。

排水トンネル工(集水ボーリング工)
排水トンネル内において集水ボーリング工は削孔角度が上向き60度以上となり、一般的には非常に危険を伴う工法です。

しかしながら弊社では保孔管及び削孔用ロッドの落下防止対策を施すことで、安全且つ迅速な施工を行うことができます。

場所打杭工
地すべり対策の鋼管杭や、基礎に用いられる深礎杭工、また道路の軽量盛土工法に用いられる小口径(H-150)等、さまざまな杭工を施工しています。

軽量盛土工法
軽量盛土工法は、軟弱地盤上の拡幅盛土や地すべり頭部の盛土における変形・安全対策、山岳地の道路建設における地山改変量の軽減、橋台への土圧軽減等に用いられています。
弊社ではEPS、発泡ウレタン、FCB等の材料を用い施工を行っております。
工法 EPS工法
現場発泡ウレタン軽量盛土工法(R-PUR工法)
(イノアック特材株式会社)

鉄筋挿入工
補強材として主に鉄筋を使用し,補強材長も短いことから,小規模から中規模の斜面安定対策に限定して適用される工法です。

予想される崩壊土塊の規模が小さい場合に,グラウンドアンカー工に比べて経済性,施工性に優れ,確実な抑止効果が期待できます。

道路改良工事
一般的な道路工事(擁壁工、水路工、舗装工等)の総合的な施工、管理を行っています。

仮設桟橋工
工事に必要な仮設構台、仮桟橋等の計画から施工まで一貫して実施しています。
施工においてはリキマン(締結金具)を使用し、安全且つスピーディーな施工が行えます。
また、軟弱な地盤や急斜面などの杭形式の柱が用いられる場合も一貫して施工が行えます。
特に悪条件(水上、急斜面、高構造、短工期等)の現場ではリーブラ工法を採用しております。